簿記試験は、初心者でも苦しまずに合格できる難易度の試験もありますし、うまく合格するためのコツもあります。

簿記2級の試験問題の近況を説明します

簿記2級試験に上手に合格を済ませたいなら、試験問題がどんなふうに出されているのか知るべきです。ここで概要を説明します。

簿記の2級も3級と同様に大きな問題が5つあると思ってください。
3級の次に、簿記2級ではいったいどんな問題が出されているでしょうか?

第1問

仕訳の問題が出されます(3級とそこは共通しているのです)。
これも鉄板と考えておそらく外れはありません。
条件をあれこれ指定して仕訳をしろと問題が出てくることは簿記2級も3級も大差ないですが、2級のほうが難易度は当然上になります。そして目を通して理解を深めておくべき過去の試験問題も簿記2級ではかなり増えると思ってください。

第2問

帳簿関係の問題が出されますが、特に目立って多めに出されているのはまず伝票会計でしょう。
ここで大事なことは、3伝票制と5伝票制の違いをよくわきまえて、よく出されている問題を絶対に解けるようにすることです。もうひとつ、特殊仕訳帳についてもよく出てきますからその出題傾向をぬかりなく把握しておくべきでしょう。

第3問

3級と同じように表の作成(特に精算表や財務諸表)がよく出されていますが、本支店会計についても忘れずに練習しておかないといけません。
いずれの問題についても、下書きがポイントとなります。下書き用紙の書き方、特に定型化がうまくいけば確実に点数を稼いでいけるようになれるはずです。

第4問

ここでは、費目別原価計算がよく出てくる問題です。ただし、それ以外の原価計算の問題も少なくありませんし、その種類もわりとばらばらになります。
図を書いて勘定の流れを頭に叩き込むなどして骨組みからインプットするようにしてほしいところです。

第5問

ここがいちばんやりにくいところといっていいかもしれません。原価計算の問題が毎回出ていますがその種類はかなり多岐にわたっています
時間をつくれる限り、過去の試験問題に出てくる種類を数多くこなすようにしていくことが肝心です。

簿記2級の問題も3級と同じように、よく試験に出てくる問題はけっこうパターン化されています。教科書全部を覚える余裕はおそらくありませんから、よく出る問題から優先して習得して、時間をできるだけ有効に使うようにしていくべきです。

>>効果的な勉強法を知れば難易度や合格率を気にせず試験にのぞめます。