簿記試験は、初心者でも苦しまずに合格できる難易度の試験もありますし、うまく合格するためのコツもあります。

簿記3級の試験問題の近況を説明します

簿記3級試験に上手に合格を済ませたいなら、試験問題がどんなふうに出されているのか知るべきです。ここで概要を説明します。

簿記の2級も3級も、どちらも大きな問題が5つあると思ってください。
それでは簿記3級ではいったいどんな問題が出されているでしょうか? 

第1問

仕訳の問題が出されます。これは鉄板と考えておそらく外れはありません。
仕訳は実際に自分で何度も繰り返し練習を積まないとうまく解答をできるようになりませんから、受験を決めたら早い段階で実践を積んでいかないといけません(それに仕訳は、3級だけでなく簿記2級の試験問題でも重要です)。

第2問

帳簿関係の問題が出されます。帳簿を実際に記入する方法についての問題で、慣れればそんなに違和感なく取り組んでいくことができます。
特によく出るのは商品有高帳と補助簿の選択なのですが、現金出納帳や手形記入帳のような問題も随時出されています。

第3問

試算表の作成や、損益計算書の作成、また貸借対照表の作成といった簿記の実務に関する問題がよく出されます。
特に試算表の作成はほとんど毎回出るような常識がありますからまずそれを徹底して覚えてから、他の表の作成に手を出すと、比較的いい流れで勉強できるでしょう(表作成については3級の問題を解くだけではなく、簿記全体を考える上でも重要だと思ってください)。

第4問

伝票会計の問題がよく出されますが、仕訳の問題もよく出ていて、ここは他の問題よりも何が出てくるかはちょっと予測に迷う部分でもあります。
仕訳といっても決算仕訳であったり勘定記入であったりと種類がバラける傾向もあるので、できるだけ幅広くやっておくほうが安全です(ただし、決して難易度が高いというほどでもなく、むしろ問題としてはやさしいことが多いですね)。

第5問

精算表の作成等がよく問題になっています。ただしその他の表の作成問題が少し出されることもありますね(試験問題が難しいときは、よくそういった番狂わせも関係があるようです)。
万一勉強時間をたっぷりと取れないような事態になったときは、精算表の作成を重点的にやるべきです(それで少しでも余裕が出てきたら、他の表の作成についても過去の試験問題を参考にしながら手を染めていってほしいものですが)。

簿記3級の問題はこのように、教科書の全部が出るわけではありません。
全部を覚える余裕はおそらくありませんから、よく出る問題から優先して習得していくべきでしょう。

>>効果的な勉強法を知れば難易度や合格率を気にせず試験にのぞめます。