簿記試験は、初心者でも苦しまずに合格できる難易度の試験もありますし、うまく合格するためのコツもあります。

簿記2級試験の難易度がひと目でわかります

簿記2級の難易度は高いとはいってもじゅうぶんに希望ありです。
それに難易度を検証すれば1発合格のコツも無事に探り出すことができます。

簿記の2級の難易度をここで詳しく探ってみましょう。ここでも簿記2級の難易度を絶対的な数値で探るには、やはり合格率や合格者の数を引用するのが迷わなくて妥当かと思います。

  受験者の数 合格者の数 合格率
第131回試験 48,341名 14,834名 30.7%
第132回試験 61,796名 14,149名 22.9%
第133回試験 57,898名 27,538名 47.6%
第134回試験 42,703名 5,920名 13.9%
第135回試験 60,377名 13,601名 22.5%
第136回試験 55,960名 23,254名 41.6%
第137回試験 40,330名 13,958名 34.6%
第138回試験 54,188名 14,318名 26.4%
第139回試験 55,225名 12,054名 21.8%
第140回試験 47,480名 16,395名 34.5%

簿記2級の試験の難易度は、こうして合格率を比べてみるとどうでしょうか? 

簿記2級の合格率・試験の難易度は、一定していない

簿記3級のときも数字は一定していませんでしたが、3級のときよりも数割増しで上がり下がりが目立っている印象を受けますね。3級のときよりも、いきなり難しくなる可能性は高いと思っておいたほうが無難、ではあるでしょう。

簿記2級の合格率・試験の難易度は、厳しくなったら次の回で回復する

簿記2級の合格率が20%台、あるいは10%台になったときはその次の回では必ずひと回り上の合格率に上がっているようです(この表に乗る前のデータを見てもそれはわかります)。3級のときもその傾向はありましたが、難しくなると受験者の不満も広がりますから、その次は簡単にされる傾向があるとよくいわれています。
つまりどんどん簿記2級試験の難易度が高まってしまうことはないのです。

簿記3級の試験の難易度は、平均すると「射程距離」といってOK

簿記2級は3級よりはひと回り難易度が上だといえます。実際に、平均値を計算すると30%を超えるくらいになるようです。それでも、無駄のない勉強をしてから受けた受験者は多くの場合無事に合格できていますから、過剰に案じることはありません。

ここまでを総合するとどうなるでしょうか? 
簿記2級の試験の難易度は、素人が何もない状態からチャレンジができる限度いっぱいの資格、といってよいでしょう。簿記2級の難易度は初心者には最初のうちはしんどいでしょうが、それでも1発受験で1発合格できるチャンスが存分にある試験となっているのです。

それでは、油断せずにすきのない対策をしながら簿記2級の試験に受かるには? 
そのためのコツはのちのページで書くことにして、各級の試験問題について読んでほしい情報があります。

>>効果的な勉強法を知れば難易度や合格率を気にせず試験にのぞめます。