簿記試験は、初心者でも苦しまずに合格できる難易度の試験もありますし、うまく合格するためのコツもあります。

電卓選びのポイントは「サイズ、桁数、機能」

簿記試験を受験するにあたり、まずやるべきことは「電卓選び」です。
「え?電卓なんてどんなのでも良いんじゃないの?」というアナタ、間違っています!
簿記試験で使える電卓には、ちゃんと決まりがあるんです。適当に選んでしまったその電卓、もしかしたら本試験NGかもしれません。

16aa85d903b79d45dda6fc227e44dc56_s

選ぶべきは「MU」機能のないもの

簿記試験で使用可能な電卓について、日商簿記を主催する日本商工会議所のホームページから、「簿記試験で利用可能な電卓の定義」について確認しておきましょう。
「受験に際しての諸注意事項」の欄に、計算器具について下記の記載があります。


○ 計算器具(そろばん、電卓)を使用しても構いません。

○ ただし、電卓は、計算機能(四則演算)のみのものに限り、例えば、以下の機能があるものは持ち込みできません。
・印刷(出力)機能
・メロディー(音の出る)機能
・プログラム機能
(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓)
・辞書機能(文字入力を含む)
(注)ただし、次のような機能は、プログラム機能に該当しないものとして、試験会場での使用を可とします。
・日数計算、時間計算、換算、税計算、検算 (音の出ないものに限る)
 (以上、http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/class2より)


う~ん、これから簿記を学ぼうという受験生にとっては、少々難しい記載ですね。
上記は簡潔に言えば「“関数電卓”等と銘打っていないもの」。
明らかに多機能を謳う電卓というのは、簿記試験NGである可能性が非常に高いといえます。

加えて、「“MU(マークアップ)”キーのないもの」というのも重要なポイントです。
“MU”キーは売価計算の際に用いる機能なのですが、やはりこれが「プログラム機能を備える多機能電卓」と判断されてしまうようです。

簿記試験用の電卓について、あまり神経質になるとどれを選んで良いのか分からなくなってしまいますが、最低限上記のポイントに気を付けて、使いやすいものを揃えるのが得策です。

>>効果的な勉強法を知れば難易度や合格率を気にせず試験にのぞめます。